/

この記事は会員限定です

ヤマシンフィルタ、一時11%安 株式希薄化を懸念

話題の株

[有料会員限定]

9日の東京株式市場で、建設機械向けフィルター大手のヤマシンフィルタ株が急落した。一時前日比134円(11%)安の1086円まで下落した。8日に第三者割り当てによる新株予約権の発行で資金調達すると発表。将来の株式の希薄化を懸念した売りが出た。

終値は95円(8%)安の1125円で、値下がり率は東証1部で7位。売買代金は前日の5.5倍に膨らんだ。

野村証券に新株予約権9万5000個を割り当て、調達額は約116億円にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン