/

この記事は会員限定です

静岡県内信金、旧店舗をシェアオフィスに 相次ぎ開業

[有料会員限定]

静岡県内の信用金庫で、閉店した支店を改装してシェアオフィスや創業支援拠点に活用する動きが相次いでいる。2017年の規制緩和で金融機関が所有する不動産を公共性の高い使用目的のために貸し出せるようになったからだ。各信金は地元の企業や大学が連携する施設として打ち出す。ただ、信金が目指す企業の協業には課題も多い。

沼津信用金庫(静岡県沼津市)が7月に開業したのは、JR沼津駅の北口から歩いて5分の所に位置す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン