/

この記事は会員限定です

「持続可能」な魚介レストラン、一つ星シェフが開業

[有料会員限定]

生態系や環境の持続性に配慮して漁獲・養殖される魚介類「サステナブルシーフード」を主な食材として使うレストランが11日、東京・原宿に開業する。国際認証を取得した国内外の魚介類や一般に流通しない未利用魚を使った料理を通じ、持続可能な水産への消費者の関心を高める。

店名は「シンシアブルー」で、ミシュラン一つ星フランス料理店「シンシア」(東京・渋谷)のオーナーシェフ、石井真介氏が手がける。

魚介類は全て持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン