/

この記事は会員限定です

新たな時代の人事制度(7) 集めた情報を生かせない企業

神戸大学准教授 江夏幾多郎

[有料会員限定]

従来の人事管理は「勘、コツ、経験」に根ざした不正確なもので、今後は科学的アプローチが必要だ――。こうしたスローガンの下、統計分析に基づいた人材選抜や従業員の健康管理、標準化された労務管理業務の自動化といった「HRテック」と呼ばれるサービスが登場しています。

科学的なアプローチでまず求められるのは、自ら問いを設定することです。現状の人事管理の何が問題なのか、なぜそれが問題なのか、どこに解決の糸口があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン