/

この記事は会員限定です

GMのEVシフト鮮明 新興に出資、テスラ1強に変化も

[有料会員限定]

【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)が8日、電気自動車(EV)の新興メーカー、米ニコラとの資本提携を発表した。ニコラの株式の11%を取得し、同社が開発中のEVの生産やバッテリーの供給を受託する。GMはホンダとの提携拡大を機にガソリン車の開発に見切りをつける。EVシフトを鮮明にすることで、この分野でのテスラ1強の構図が崩れる可能性がある。

ニコラは2015年創業の新興企業で、22年にも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1038文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン