日英、対中で抑止と協調を デビッド・ウォレン・元駐日英大使
海外から次期首相にのぞむ

菅内閣発足
2020/9/10 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新政権には安倍晋三首相と変わりない外交政策を期待したい。例えば日本が提唱してきた日本とハワイ(米国)、オーストラリア、インドを結ぶ「安全保障のダイヤモンド構想」である。インド太平洋地域の安定に貢献しており、安倍首相のレガシー(政治的功績)になるだろう。

誰が首相になっても、対中政策では難しい課題を抱える。まずは中国共産党政権の反民主的で悪意のある行動は容認できないことを、国際社会が団結して訴える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]