/

神奈川県小田原市、京セラや湘南電力と地域電力網

神奈川県小田原市は9日、京セラや湘南電力(同市)などと組み、市内で「マイクログリッド」(小規模電力網)を構築すると発表した。太陽光発電の余剰電力を蓄電池や電気自動車(EV)に供給するほか、非常時の電源にも活用する。エネルギーの地産地消や災害対応力の向上に生かす。

マイクログリッドは家庭の太陽光パネルで発電した余剰電力を活用し、蓄電池やEVなど地域内で消費する。災害や事故で電力会社の送配電が止まった場合、各地域で自前の電力を確保できる体制をつくることで停電を防ぐ。

経済産業省の地域マイクログリッド構築事業に採択された。期間は9月~2022年2月。京セラが事業全体をとりまとめ、スタートアップのA.L.I.テクノロジーズ(東京・港)、EVのカーシェアを手掛けるREXEV(同・千代田)などが参画する。

小田原市はEVを非常時の蓄電池として活用するなど、次世代型のエネルギー施策に力を入れている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン