/

全学生と職員にPCR検査 愛知・至学館大1700人

至学館大(愛知県大府市)は9日、新型コロナウイルス感染対策として、全ての学生や大学院生、職員計約1700人を対象に学内でPCR検査を定期的に受けられるようにすると明らかにした。後期授業が始まる24日から始める予定。学生に強制はせず、陽性が出た場合は保健所が行う行政での検査をあらためて受けてもらう。

大学によると、検査は学内の医師や検査機器を使って実施。費用は当面大学が負担する。教育実習や部活動で外部に出ることの多い学生を優先的に検査することで「ウイルスを学内に持ち込まない、学外に持ち出さないようにしたい」(大学担当者)。

同大学はアテネ、北京、ロンドンの五輪で3連覇を達成した吉田沙保里さんらを輩出したレスリング女子の強豪で、他のスポーツも盛ん。

大学内の感染拡大防止策では、京都産業大(京都市)が学内にPCR検査センターを設置すると発表したほか、大阪市立大(大阪市)も学生や教職員が対象の抗原検査の実施を検討している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン