/

ドコモ対応後手に、本人確認強化もシステム調整に時間

携帯番号入力を導入へ

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正な引き出しが全国の地方銀行で相次いでいる問題で、ドコモは口座を作るためのID登録で携帯電話番号の入力を導入し、本人確認を強化する。ただシステム調整などに時間がかかるため、現時点(9日15時)でまだ利用できない。メールアドレスだけで登録できてしまう状況が続いている。

ドコモ口座を作るには、ドコモの顧客ID「dアカウント」への登録が必要になる。厳密な本人確認の仕組みがなく、ドコモのサービスを利用していなくても、メールアドレスがあれば登録できる。預金の不正な引き出しを招いた一因になったとの見方が出ている。

ドコモは今後、登録時に携帯電話番号の入力を求め、SMS(ショートメッセージサービス)で届いたセキュリティーコードを入力して本人確認する仕組みに改めるとしている。ただ導入時期などついては明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン