/

この記事は会員限定です

公園のトイレに「アート」 東京都内で続々登場

[有料会員限定]

東京都内の公園にある公共トイレに「アート」を取り入れる試みが広がっている。利用者がきれいに使いたくなる雰囲気を演出し、「汚い」「臭い」といった従来のイメージを覆すねらいだ。快適なトイレは来街者の満足度向上につながり、街の集客力アップへの期待もある。

渋谷区の神宮通公園で7日、世界的な建築家の安藤忠雄氏が設計した公共トイレの供用が始まった。円形の建物から屋根のひさしが大きくせり出す印象的なデザインに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン