/

この記事は会員限定です

イオン北海道、相次ぐ「活性化」投資の皮算用

[有料会員限定]

マックスバリュ北海道と2021年2月期に経営統合したイオン北海道が「活性化」と称する店舗投資を増やしている。20年2月期は販管費などの増加を増収で補えず、2期連続の営業減益だった。店舗の改装などで販売力を強化し、売り上げ増で収益力を高める考えだ。

「活性化」はイオン北海道が決算資料などで説明する重点施策。具体的には総合スーパー(GMS)や食品スーパー(SM)など業態や店舗ごとに異なる顧客ニーズを的確に捉えられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り820文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン