住友理工、自動運転向け部品を量産 日産のEVで採用へ

2020/9/9 19:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友理工は2020年度内に、自動運転車のハンドル向け部品の量産を始める。手動運転に切り替わったときにハンドルの握り具合で操作の安全性を確かめるセンサーで、同社の製品では初の自動運転関連となる。日産自動車が新型電気自動車(EV)に採用する方針だ。

住友理工は車のエンジンや路面からの振動を吸収する防振ゴムのほか、ホースや内装部品を手掛けている。ハンドル向けのセンサーをきっかけに、CASE(つながる、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]