/

この記事は会員限定です

住友理工、自動運転向け部品を量産 日産のEVで採用へ

[有料会員限定]

住友理工は2020年度内に、自動運転車のハンドル向け部品の量産を始める。手動運転に切り替わったときにハンドルの握り具合で操作の安全性を確かめるセンサーで、同社の製品では初の自動運転関連となる。日産自動車が新型電気自動車(EV)に採用する方針だ。

住友理工は車のエンジンや路面からの振動を吸収する防振ゴムのほか、ホースや内装部品を手掛けている。ハンドル向けのセンサーをきっかけに、CASE(つながる、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン