/

この記事は会員限定です

露地栽培、IoTで実り多く アプリ制作のぶらんこ

[有料会員限定]

アプリ制作のぶらんこ(宇都宮市)はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した露地栽培の支援事業を始めた。センサーを使い測定したデータで土壌環境を「見える化」する。水田やハウス栽培に比べIT(情報技術)利用が遅れている露地作物の収量拡大につなげる狙いだ。

ぶらんこは水田の水位や栽培ハウス内の日射量などをスマートフォンのアプリで確認できる「ファーモ」を提供している。

このほど提供を始めた「露地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン