Appleがフォートナイト開発元に反訴 独自決済は「窃盗」

2020/9/9 6:34 (2020/9/9 6:58更新)
保存
共有
印刷
その他

アップルはエピックの契約違反により損害を被ったとして反訴した

アップルはエピックの契約違反により損害を被ったとして反訴した

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルは8日、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元、米エピックゲームズに反訴した。アップルの「独占」を訴えて独自の決済手段を導入したエピックの行為は「窃盗」にあたると強調。同社の契約違反がアップルに多大な損害をもたらしたとして、利益返還などの責任を負わせるよう求める。

8月中旬から続く両社の訴訟のなかで反訴した。アップルを「モノポリスト(独占者)」と呼ぶエピックに対し「自社サービスの利用に関して手数料を求めるのは反競争的な行為ではない」と説明。エピックが独自の決済手段を認めるよう求めていることについて「アップストアから得られる莫大な価値に対し、何も払わないことを望んでいる」と糾弾した。

アップルは訴状で「(エピックは)過去2年間、他のどの開発者よりもアップルのサポートやサービスを活用してきた」とも指摘した。フォートナイトはアップストアを介して174カ国で1億3千万回近くダウンロードされ、エピックは6億ドル(約640億円)以上の収益を得たという。同社のイベントをアップルが支援することもあったと明かした。

両社の係争は8月13日に始まった。アップルによるスマホアプリの配信や課金の独占をめぐり、エピックがカリフォルニア州の連邦地裁に提訴したためだ。アップルはエピックの措置が規約に違反するとしてフォートナイトの配信を同日に停止し、28日には他のゲームアプリも配信サービスから削除していた。

エピックは4日にアプリの配信再開を求める仮差し止めを申し立てている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]