/

この記事は会員限定です

東京ガス、200億円で米シェール権益取得 低炭素エネ強化

[有料会員限定]

東京ガスは米国のシェールガス田権益を約200億円で取得した。同国では4つ目のガス田権益となり、燃焼時の二酸化炭素(CO2)排出が石油よりも少ない「低炭素」のガス調達力を強化する。新型コロナウイルスの影響で米ガス開発会社の経営が悪化、権益売却の動きが活発になっており、東ガスは資産取得を加速することにした。

今回の権益は東京ガスアメリカ(テキサス州)の子会社キャッスルトン・リソーシズ(CR)がガス開発の米レン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン