/

この記事は会員限定です

自民党総裁選 推薦人は党内基盤反映 菅氏・幅広く、女性3割

石破・岸田氏は自派閥中心に

[有料会員限定]

自民党総裁選が8日告示され、石破茂元幹事長、菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長の3氏が立候補に必要な推薦人名簿を届け出た。各陣営の顔ぶれには支持基盤の強弱や派閥の人事を巡る思惑が反映される。3氏の推薦人名簿を分析した。

菅氏の推薦人は支持を受ける5派閥や自らに近い無派閥議員などから幅広く集めた。派閥の規模に応じて振り分け、最大勢力の細田派は最多の5人を出した。麻生派は総裁選出馬を模索した河野太郎防衛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン