独企業の脱中国、難しく VW販売の4割

2020/9/8 21:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツ企業にとって中国の存在感は大きい。産業の柱である自動車では、フォルクスワーゲン(VW)が2019年の世界で販売した乗用車のうち約4割、ダイムラーとBMWも3割近くの台数を中国が占める。脱中国は容易ではない。

VWのヘルベルト・ディース社長は「中国は最も利益率が高い重要市場だ」とし、5月には中国国有自動車中堅の安徽江淮汽車集団(JAC)の親会社に50%出資すること…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]