コスにじゅういち、セルロースナノファイバー効率生産
小型機開発、研究開発向けに販売

2020/9/8 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

精密加工を手掛けるコスにじゅういち(愛媛県新居浜市)は、植物由来の新素材、セルロースナノファイバー(CNF)を効率的に生産する装置を開発した。従来の同様の装置に比べ小型で処理容量も少なく、研究開発用に向いている。主に将来のCNF量産化を目指す企業や大学向けに、研究開発用として販売していく。

開発した装置は、CNFの原料であるパルプ繊維を対象に、2本のピストンが交互に作動し高圧をかけ、ナノ(ナノは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]