/

この記事は会員限定です

コロワイド、大戸屋の取締役過半狙う 敵対的TOB成立

(更新) [有料会員限定]

外食大手コロワイドは、TOB(株式公開買い付け)の成立を受けて大戸屋ホールディングスに対し、経営・事業の両面で改革を提案する見通しだ。近く臨時株主総会の開催を要求し、取締役の過半を確保したい考え。そのうえで、店舗運営などの改善に着手する。新型コロナウイルスの感染拡大でコロワイドの業績も厳しく、買収路線の加速で収益強化を狙う。

臨時総会は11月上旬の開催を要請する。大戸屋HDの経営陣と交渉し、折り合いがつけば会社提案として複数の既...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン