伝家の宝刀「拒否権」に限界、核のごみでさや当て

2020/9/8 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場誘致につながる文献調査に応募を検討する北海道寿都(すっつ)町の方針に反対する鈴木直道知事に、手詰まり感が出てきた。伝家の宝刀の拒否権は文献調査を止めることができず、実績作りに必死の経産省とのさや当ても始まっている。

鈴木知事は8日の記者会見で「慎重に検討を、とお願いするに尽きる」と歯切れが悪かった。第1段階の文献調査は2年間で、市区町村長の判断で応募でき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]