/

この記事は会員限定です

燃料電池の電極、白金より耐久性 山口大の炭素材

[有料会員限定]

山口大学の本多謙介教授のグループは燃料電池の触媒に高価な白金を使わない技術を開発した。硬質の炭素材「ダイヤモンドライクカーボン(DLC)」の表面で官能基(有機化合物を特徴づける原子団)を制御し、高い触媒活性と耐久性を実現した。DLCの触媒開発は初めてといい、研究成果は英文科学雑誌「Diamond and Related Materials」に掲載された。

燃料電池では酸素還元反応を促進する触媒とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン