イベント開催の要件緩和「近く判断」西村経財相

2020/9/8 21:38
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済財政・再生相は8日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策として継続しているイベント参加人数の制限について「近いうちに分科会を開き、専門家の意見も聞いて(緩和の是非を)判断したい」と述べた。政府は11日にも新型コロナ分科会を開く方針で、足元の感染状況やイベントの人数規制について議論する。

西村経財相はクラシックコンサートや歌舞伎など「室内での文化事業についても(緩和を)議論してもらいたい」と話した。8日にはプロ野球とサッカーのJリーグが共同で、客数の上限緩和の要望書を政府に提出した。政府は観客数5千人の上限を当初は8月末に撤廃する予定だったが、感染者数の高止まりを受け、9月末まで制限を延長することにしていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]