/

東京との移動自粛要請を解除 茨城県、コロナ対策緩和

茨城県の大井川和彦知事は8日、独自基準として設けた新型コロナウイルス対策のレベルを同日付で緩和したと発表した。総合的な対策は4段階中、ステージ3から2に引き下げた。東京との不要不急の移動はステージ4から3に緩和し、自粛要請を解除した。

大井川知事は「この1~2週間で感染は落ち着き始めた」との見方を示した

6つの指標のうち「県内の病床稼働率」「都内の1日当たりの経路不明陽性者数」が改善したという。「この1~2週間で感染は落ち着き始めた」(知事)と判断し、東京から県内への帰省などの自粛要請も解除した。

県はクラスター(感染者集団)が起きたつくば市内の飲食店関係者に対し、8月下旬から無料で集中検査を実施。通常検査を含む644人のうち、陽性は16人だった。8月26日以降は新規の陽性が確認されておらず「感染拡大の兆候はみられない」と検査を終えた。

知事は「秋冬はインフルエンザの流行時期なので気を引き締めて対策を進める」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン