/

この記事は会員限定です

地銀「64行体制」崩れる マイナス金利、稼ぐ力そぐ

[有料会員限定]

バブル崩壊以降の金融危機を経てもほぼ一貫して数を維持してきた地方銀行の「64行体制」が崩れる。10月1日、長崎県の十八銀行と親和銀行が合併し、来年1月、新潟県の第四銀行と北越銀行が合併するからだ。62行は1972年に沖縄返還で琉球銀行沖縄銀行が加わる前の71年以来の少なさ。盤石だった地銀も減少時代に突入する転機に立たされている。

地銀が再編に及び腰だったのは間違いない。再編する必要性を感じなかったからだ。日銀のマイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン