/

この記事は会員限定です

バフェット氏に外為法の壁 商社株投資の成功阻む?

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

ウォーレン・バフェット氏は想定していないかもしれないが、日本の商社株投資を成功させる1つの方法は、会社を解体し、事業ごとに独立させることだ。しかし、6月7日に全面適用された改正外為法によって、海外投資家は事業再編の提案が困難になった。同一業種の銘柄を横断的に買う「水平的株式保有」の是非論も巻き起こる可能性がある。せっかくの日本株投資もさまざまな制約があって、成功に導く道は必ずしも広くはない。

バフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2751文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン