/

この記事は会員限定です

制度融資が映す事業者の苦境(点照)

[有料会員限定]

コロナ禍で都内の中小企業の苦境が続いている。資金繰りに苦しむ事業者の命綱として利用が急増しているのが信用保証協会の保証付きの制度融資だ。

制度融資は国や自治体、金融機関が連携し、信用保証協会が保証人になることで中小企業が資金を調達しやすくする仕組みだ。融資先が破綻した場合、協会が一時的に返済を肩代わりする。利息のほかに保証料が必要になるため、近年は利用が頭打ちだったが、5月から国や自治体の補助で3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン