/

この記事は会員限定です

LME銅、2年3カ月ぶり高値 取引所在庫の減少で

[有料会員限定]

産業で幅広く使う銅の国際価格が続伸した。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は7日の終値が1トン6789ドルと前週末から1%上昇し、およそ2年3カ月ぶりの高値をつけた。取引所在庫の減少に伴う需給の引き締まりが意識された。日本時間8日午後の時間外取引でも同水準で推移した。

製造業の需要回復と中南米産地の供給縮小により、LMEの指定倉庫在庫は5月中旬から減少基調が続い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン