/

この記事は会員限定です

NTTデータ、AIが実験結果予測 論文を基に

[有料会員限定]

NTTデータは大量の学術論文を人工知能(AI)に学習させることで、実験結果を予測する技術を開発した。様々な細胞のもととなる「iPS細胞」を活用した事業開発を進めるiPSポータル(京都市)と共同で、まずは再生医療の研究で生かす。狙い通りの細胞に育つ条件を効率よく割り出すことで、実験時間の短縮を狙う。

NTTデータが開発したのは、文章データから分析に必要な情報を抽出してまとめる技術だ。再生医療に関する大量の論文か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン