スマホがワイヤレス充電器に ルネサスが半導体

2020/9/8 15:58
保存
共有
印刷
その他

スマートウオッチをスマホに置くと充電できる

スマートウオッチをスマホに置くと充電できる

ルネサスエレクトロニクスは8日、スマートフォンをワイヤレス充電器として使えるようにする半導体チップを発売したと発表した。スマホの上にワイヤレス充電に対応した無線イヤホンやスマートウオッチ、ほかのスマホを置くと充電できる。外出先で周辺機器のバッテリーが切れた場合などを想定し、スマホメーカーに売り込む。

開発したのは受電機能と送電機能を持たせた半導体チップ「P9415-R」。充電器から電力を受け取る受電能力は最大15ワットで急速充電に対応し、スマホから最大5ワットで電力を送る。専用アプリなどでスマホを充電モードと送電モードに切り替えて利用する。

ワイヤレス充電は高価格帯のスマホだけでなく中価格帯の機種にも採用の動きが広がっている。ルネサスはスマホに付加価値を付けたいメーカーの需要が大きいと判断し、量産を開始した。充電ケーブルが不要となる特長を生かし、医療現場や産業用途の持ち運び式バッテリーとしての需要も開拓する考えだ。

矢野経済研究所によれば2019年のワイヤレス充電の世界市場は前年比7.6%増の1610億円だった。スマホなど小型電子機器がけん引役になっているという。

(広井洋一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]