/

この記事は会員限定です

幸せに暮らす飲食経営 ポリシーは100食限定

ミレニアル 新常態の主役(4)

(更新) [有料会員限定]

「完売」。

8月の平日11時過ぎ、ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」(京都市)店頭に看板が掲げられた。

100食限定は開店時からのポリシー

店名が示す通り、1日100限定の飲食店。開店は午前11時だが、整理券を配り始める朝9時半には行列ができる。ほぼ毎日昼前にはその日の分の整理券を配り終える。

「せっかく来ていただいたのに申し訳ありません。またのお越しをお待ちしております」。経営者の中村朱美(36)は完売を知らずに来店した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2248文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミレニアル 新常態の主役

新型コロナウイルスは社会のあり方そのものを根本から揺るがした。もはや従来の価値観や考え方は通用しない。社会構造や働き方の再構築が求められているなか、2000年代以降に社会に出たミレニアル世代が、常識を覆す発想で「新常態」に挑もうとしている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン