/

この記事は会員限定です

「Awich」悲しみ乗り越える強さ、自在に言葉操る巧みさ

日本語ラップが映す社会(2) 大和田俊之(ポピュラー音楽研究者)

[有料会員限定]

ヒップホップという音楽ジャンルは極端に女性アーティストが少ないことで知られている。それは本国アメリカでも同様で、特にメジャーシーンで女性ラッパーは常にひとつの「席」をめぐって競争を強いられると言われてきた。

ところがここ数年「#MeToo」運動などの影響もあるのか、女性ラッパーの活躍が目立っている。しばらくニッキー・ミナージュが「女王」として君臨していたものの、2017年にヒスパニックのカーディ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン