/

この記事は会員限定です

銅地金調達費、上海で急落 引き合い減退

中国需要、家電など頭打ち感 LME相場にも影響

[有料会員限定]

世界の銅需要の5割を占める中国で、銅地金の調達費が下落している。指標価格は5月中旬の高値に比べて4割安い。経済活動の回復を背景に地金の輸入を増やしてきた中国勢ユーザーの引き合いが弱まった。地金相場は引き続き高値圏だが、先行きには不透明感が増している。

部品メーカーなど需要家は、銅地金を買う際、国際指標のロンドン金属取引所(LME)の地金相場に割増金(プレミアム)と呼ばれる調達費を上乗せして売り手に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン