/

この記事は会員限定です

神奈川県大和市、「歩きスマホ」禁止条例なぜ制定?

大木哲市長に聞く

[有料会員限定]

神奈川県のほぼ中央部に位置し、東京都や横浜市のベッドタウンとして発展してきた大和市が今、全国的に注目を集めている。新型コロナウイルスの感染拡大が始まった4月にマスク着用条例、7月には「歩きスマホ」禁止条例をそれぞれ全国で初めて施行した。健康を市政運営の柱に据え、子育て支援にも積極的だ。大木哲市長に取り組みの狙いと現在の状況などを聞いた。(日経グローカル395号に詳報)

――「歩きスマホ」禁止条例はメディアなどで取り上げられ、大きな話題となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン