通院の妊婦に在宅健診を 中部電系、アプリ1つで完結

2020/9/8 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力は慶応義塾大学病院(東京・新宿)に通院する妊婦を対象に、アプリを通じて在宅で定期健康診断を受けられる仕組みを構築した。妊婦が測定した血圧などのデータをもとに医師がビデオ通話で健診する。データは中部電のクラウドサーバーに保管する。通院を減らし新型コロナウイルスの感染防止につなげる。中部中心に他地域にもサービスを広げる見込みだ。

中部電が7月に株式取得による子会社化で合意した慶応大医学部発の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]