/

この記事は会員限定です

[FT]東地中海が迫る「欧州自立」

米の存在薄れ高まる緊張

[有料会員限定]
Financial Times

ギリシャとキプロスの海軍を援護するため、8月13日にフランスが軍艦1隻と戦闘機数機を派遣した。トルコのエルドアン大統領はこれに反発し、トルコは東地中海における「当然の権利を手中にする」と警告した。ドイツのメルケル首相が仲裁に乗り出すも奏功せず、トルコとギリシャの軍艦が接近しすぎてぶつかる事故も起きた――。

西側諸国の次の戦争が北大西洋条約機構(NATO)加盟国同士の争いになるなど、いったい誰が想像...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2826文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フィリップ・スティーブンズ

Philip Stephens 英国生まれ。FTで経済担当エディター、政治担当エディター、FT英国版編集長などを経て、チーフ・ポリティカル・コメンテーターに。英国および世界情勢に関する論評を執筆している。著書に「Tony Blair: The Price of Leadership」(2004年)などがある。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン