/

この記事は会員限定です

盛り上がる筋トレ市場 「黒船」企業も日本に熱視線

筋トレ2.0(4)

(更新) [有料会員限定]

ドリンク、鶏ささみ肉、チョコレート……。コンビニやスーパーの商品棚を見渡すと、プロテイン含有量を前面に押し出した品が目立つ。プロテイン市場は近年、急拡大を続けている。

調査会社の富士経済(東京・中央)が2019年11月に公表したリポートによると、国内の市場規模は14年の695億円から19年には1453億円と2倍超に。30年にはさらに1908億円まで拡大する見通しだ。投資ファンドの日本産業推進機構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

筋トレ2.0

最も古い記録は紀元前2500年ごろに遡るとされる筋トレ。己の肉体を鍛えるための「苦行」が近年、姿を変えつつある。筋トレを通じて企業トップはマネジメントスキルを磨き、女性は自信を手に入れる。プロテイン商品を日常的にコンビニで目にするほど「筋肉市場」も拡大。ライフスタイルやビジネスに深く浸透した筋トレは、「2.0」の時代に突入した。(この連載は本編4回と番外編1回で構成します)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン