土砂崩れ、安否不明4人を捜索 宮崎県椎葉村

台風10号
2020/9/8 7:25 (2020/9/8 22:40更新)
保存
共有
印刷
その他

台風10号による土砂崩れで4人が安否不明となっている宮崎県椎葉村の現場で8日、警察や消防が早朝から捜索した。台風では佐賀と鹿児島両県で計2人が死亡し、九州や関西などで100人超が重軽傷を負った。

台風10号の影響で発生した土砂崩れで、建設会社の事務所兼住宅が巻き込まれた現場(7日、宮崎県椎葉村)=共同

建設会社の事務所兼住宅が巻き込まれた土砂崩れ現場(8日午前、宮崎県椎葉村)=共同

宮崎県などによると、6日午後8時ごろ、椎葉村下福良で山の斜面が崩れ、建設会社「相生組」の事務所兼住宅を押し流した。村関係者によると、負傷したのは70代の同社経営の相生秀樹さん。不明の4人は60代の妻の勝子さん、30代の長男の泰孝さんと、いずれも20代男性のベトナム人技能実習生のグエン・ヒュー・トアンさんとチャン・コン・ロンさん。

早朝からの捜索は県警や消防など約250人態勢で重機も使って土砂や木々を撤去した。国土交通省の土砂災害専門家2人も現地に入り状況や原因を調査した。斜面は幅20~30メートル、長さ約260メートルにわたり崩落した。村では6日だけで400ミリを超す雨量を観測した。

九州電力によると、九州各地で一時、計約47万5千戸が停電。8日夜も長崎、鹿児島両県の計約6千戸で続いた。一方、JR九州は7日に終日運休していた在来線の運行も順次再開。臨時休業していた百貨店やスーパーなども営業を再開した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]