ホンダ、GMとの共創に活路 出遅れた四輪改革のツケ

2020/9/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダが低迷する四輪事業の改革で不退転の姿勢を示した。3日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と北米車両向けで開発や購買、プラットホーム(車台)の共有などの幅広い協業を検討すると発表した。大黒柱の北米は収益性の低下が積年の課題だった。GMとの共創で四輪を立て直す。CASEに加え、コロナ禍で需要が落ち込むなか、新たな自動車連合の枠組み作りが始まった。

■収益低迷の北米四輪事業をてこ入れ

両社は北米での戦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]