/

新型コロナウイルスに人の免疫抑えるたんぱく質

新型コロナウイルスに感染したことを免疫細胞に伝える物質「インターフェロン」を作らせないように働いていた(コロナウイルスの電子顕微鏡写真)=国立感染症研究所提供・共同

東京大学の佐藤佳准教授らは新型コロナウイルスのたんぱく質に人の免疫を抑える働きがあることを見つけた。ウイルスに感染したことを免疫細胞に伝える物質を作らせないように働いていた。新型コロナの病態や重症化メカニズムの解明に役立つという。

成果は米科学誌「セル・リポーツ」(電子版)に掲載された。

細胞はウイルスに感染すると、感染したことを免疫細胞に伝える物質「インターフェロン」を作る。新型コロナウイルスの重症患者では、インターフェロンの働きが抑えられていることが知られているが、詳細なメカニズムは分かっていない。

研究チームは新型コロナウイルスにあるたんぱく質「ORF3b」に注目した。このたんぱく質を作る遺伝子を人の細胞に入れた。このたんぱく質ができると、細胞はインターフェロンを作らなくなった。

新型コロナウイルスは重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスよりも、インターフェロンを作りにくくすることが知られている。2つのウイルスを比べると新型コロナウイルスの方がORF3bを作る遺伝子の配列が短い。研究チームは配列の長さの違いが、免疫の抑制に影響しているとみている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン