新生児1人あたり10万円 東京・新宿区が給付金

2020/9/7 19:23
保存
共有
印刷
その他

東京都新宿区は7日、区内の新生児の保護者に対し、子ども1人あたり10万円を給付すると発表した。新型コロナウイルスに関する国の特別給付金の対象に含まれない4月28日~2021年3月31日に生まれた新生児が対象。コロナ禍が長引くなか、子育て世帯の経済的負担を軽減する。

給付金の対象となる新生児はおよそ2800人と想定している。10月から各家庭に案内書を一斉に送付し、同月末から支給を始める。

児童育成手当(11月分)を受給する子育て世帯に対し、5万円の給付金を支給することも発表した。児童育成手当を受給していない世帯についても、新型コロナの影響で収入が支給対象水準まで下がった場合は給付金を出す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]