首都圏の自治体、大型民間施設を災害避難所に

2020/9/7 19:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏の自治体が民間企業と連携し、大型店舗や研修施設、ホテルを災害時の避難先に活用する動きが広がっている。大規模な風水害が頻発しているのを受け、民間の協力を得て避難者の受け入れ先を増やす。新型コロナウイルス感染予防のため、避難所の「密」を避けるねらいもある。

埼玉県東松山市はホームセンターを運営するLIXILビバと災害時の支援に関する協定を7月に結んだ。市内で浸水被害などが発生した場合、緊急避難…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]