/

この記事は会員限定です

中堅上場の4~6月営業損益 通販・ゲームで改善

[有料会員限定]

日本経済新聞社が中堅上場企業「NEXT1000」を対象に2020年4~6月期決算の営業損益改善額をランキングしたところ、新型コロナウイルスが流行する中で「巣ごもり消費」を取り込んだゲームや食品、電子商取引(EC)に関わるIT(情報技術)企業が上位に目立つ。1位はECシステムを運営しているBASEだった。

1位 BASE、ECサイト コロナ下急増

「思い描いていた未来が数年早く訪れた感覚だ」。電子商取引(EC)サイトの運営システムをクラウド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン