/

この記事は会員限定です

首都圏の音楽ホール、「ウィズコロナ」の公演模索

潜望展望

[有料会員限定]

新型コロナウイルスにより多くの公演が中止や延期に追い込まれた首都圏の音楽ホールが、「ウィズコロナ」時代の新たな運営手法を導入し始めた。アーティストとの連携や「投げ銭」方式のオンライン公演などの新機軸を打ち出し、公演の質と採算性の両立を模索している。

所沢市民文化センター「ミューズ」(埼玉県所沢市)は8月26日、動物のかぶり物や着ぐるみ姿で演奏するユニークなプロ楽団「ズーラシアンブラス」と公演企画に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン