/

拉致進展なく「いら立ち」 曽我ひとみさん、講演で

 講演で拉致被害者の早期救出を訴える曽我ひとみさん(7日午後、新潟市)=共同

北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が7日、新潟市の明倫短大で講演した。拉致被害者や家族が高齢化する中、膠着状態が続くことに「いら立ちを覚える。もっと早く進展はないのかとついつい思う」とした上で「過酷な環境でも必死に生き抜く拉致被害者を、一日も早く救出してほしい」と訴えた。

講演は新潟県が主催する「拉致問題啓発セミナー」の一環で、学生約60人が聞き入った。

拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)の父、滋さんが、娘との再会がかなわないまま、6月に87歳で死去したのは「本当に胸が痛い」と吐露。1978年に一緒に拉致されたまま行方が分からない、自身の母ミヨシさん(同46)との思い出にも触れ「あまりにも長い時間がたち、これ以上待てないところまできている」と語った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン