/

この記事は会員限定です

石村和彦産総研理事長「研究領域融合で課題解決」

[有料会員限定]

産業技術総合研究所は今年度から石村和彦理事長が率いる新体制になった。石村氏は元AGC会長で技術畑が長く、ソニー社長を務めた中鉢良治前理事長らに続き、3代連続で産業界出身者がトップに就いた。石村氏は「多様な専門性を強みに変え、社会課題の解決につなげたい」とし、領域間の融合、企業や大学との連携を進め、少子高齢化、環境・エネルギー、社会インフラ関連の技術開発に力を入れる。

――産総研を産業界から見ていたときの印象は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン