/

この記事は会員限定です

身近さ頼り 税優遇申請で力

専門家の支援(2)日本税理士会連合会 石原健次専務理事

[有料会員限定]

税理士は記帳や経理の代行などで中小企業と日常的に関わり、企業の経営状況や社内の人間関係まで詳しくなります。大半は同じ顧問税理士が長年付き合うことになります。担当者が定期的に代わる金融機関や特別なときに依頼する他の士業と比べて、税理士は経営者にとって信頼しやすい存在でしょう。

日本税理士会連合会には約7万9000人の税理士が登録しています。当会ではそのネットワークを生かすため、税理士のみが閲覧できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン