シャープ、「プラズマクラスター」がコロナに効果

2020/9/7 16:38
保存
共有
印刷
その他

プラズマクラスターは空気清浄機などに登載されている

プラズマクラスターは空気清浄機などに登載されている

シャープは7日、イオンを発生させる独自技術「プラズマクラスター」が新型コロナウイルス抑制に効果があるとの実験結果を発表した。空気中に浮遊するウイルスを不活性化できるという。同社はイオンで浮遊ウイルスへの効果が実証されたのは世界初とみている。ただ実験と家庭では使用環境が異なり、まだ同機能を搭載した家電での効果は立証されていない。

長崎大学感染症共同研究拠点、島根大学の各教授と共同で実験した。飛沫を模したウイルスを含む液体に高濃度のプラズマクラスターを約30秒照射してから再び回収し、感染性ウイルスの数を測定した。プラズマクラスターを照射した液体は、照射していない液体に比べて9割のウイルスが不活性化したという。「アルコールや洗剤で対応できない飛沫感染に有効な可能性がある」(長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授)という。

プラズマクラスターは放電電極に電圧をかけることでイオンを発生させるシャープの独自技術だ。除菌や消臭、静電気の除去などに効果があるとして、エアコンや空気清浄機に搭載されていた。対応する家電などの販売台数は、2020年4月末時点で9000万台に上るという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]