/

この記事は会員限定です

インフル吸入薬避ける動き せき込みコロナ拡散の恐れ

[有料会員限定]

インフルエンザ流行期を前に、吸入するタイプの治療薬の使用を避ける動きが出ている。インフルエンザと見なした患者が新型コロナウイルスに感染していた場合、吸入時にせき込んで服薬指導に当たる医療従事者などの感染リスクが高まる懸念があるためだ。インフルエンザと新型コロナは症状が見分けづらく、安全確保のため同様の動きは広がりそうだ。

滋賀県の薬剤師会は、インフル流行期に吸入薬の処方を避けるよう医師会に要望を提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン