/

この記事は会員限定です

スシローの台湾茶店が上陸 目指すは「お茶のスタバ」

[有料会員限定]
日経クロストレンド

スシローグローバルホールディングス傘下のスシロークリエイティブダイニング(大阪府吹田市)と台湾企業との合弁会社Sharetea Japan(シェアティージャパン、東京・千代田)は8月20日、台湾茶専門店「シェアティー」の日本1号店を東京・新宿に出店した。

「コーヒー飲めない」層取り込む 目標国内500店

台湾発祥のシェアティーは1992年に創業した台湾茶業界の老舗で、世界に500店舗以上を展開する人気ブランドだ。回転すしのあきんどスシローでは、同ブランドとのコラボレーシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン