/

この記事は会員限定です

株式相場を読む、年末に向け2万5000円試す(市場点描)

フィデリティ投信のロナルド・スラッタリー氏

[有料会員限定]

ロナルド・スラッタリー・フィデリティ投信 運用部ポートフォリオマネージャー

日経平均株価の年末の上値は2万5000円程度とみている。7月のグローバル製造業購買担当者景気指数(PMI)が半年ぶりに好不況の境目の50を上回るなど世界経済は回復局面にあり、製造業比率の高い日本株にとって好材料だ。「安倍晋三首相の辞任後も現政権の金融政策は引き継がれる」との期待感も、投資家心理を支えそうだ。

リスクは引き続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り244文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン